リトミック教室「ハッピーレッスン」


HOME > リトミックについて

リトミックについて

ママもベビーもハッピーになれる『音楽リトミック』
音楽教育の領域を超えた、お子様の学ぶ力と人間力を高める教育プログラムです。
ここでは、その特徴や独自性をご紹介します。

教育理念

教育理念.jpg

子どもは友だちや先生と共同作業をする過程で様々なことを学びます。一番大切なことは、自分の体験で偶然に突き当たる問題を解決する過程で才能を身につけていくということです。子どもは問題を解決する過程に喜びを感じ、「学ぶきっかけ」や「育つきっかけ」をつかむのです。    
 従来の覚えさせる、真似をさせるのように知識の記憶や再生としてではなく、今「学び」の現場では、子どもが自らの直接体験を通して理解を築いていけるような導き方が求められています。私たちは長年の経験と研究に基づいて、それをインタラクティブ才能教育とし、実践してきました。
 子どもたちの生まれつき持つ能力と可能性を最大限に引き出すこの画期的な才能教育こそ、本当の才能を開花させると確信しています。

ページトップへ戻る

子ども自身の考えで動き 表現する ♪ リトミック ♫

子どもたちはみんな立派な音楽家。
ママと一緒にリズムに乗ったり、動物さんになったり。 お友だちと遊んだり、一緒に音楽を作ったり。
楽しい!と感じる体験は、学びのきっかけを作ります。本物の音楽に触れられるワクワク感いっぱいの音楽クラスです。

私たちのリトミックは、その指導法に定評があります。それは、いわゆる指導書 通りのプログラムではなく、その日その瞬間のお子様たちの輝きを大切に「今、子どもたちが欲している音楽」を即興演奏し、ファンタジックな音楽の世界へ導きます。 最も大切にしていることは、子どもが自らの考えで動いて、関わって、表現するということです。そこに「学ぶきっかけ」や「育つきっかけ」があり、ひとりひとりが立派なアーティストとして、生まれ持った才能を開花させるのです。 ベビークラスはまだまだ自分で考えて動くことは難しい発達段階なので、お母様が一緒に考えて語りかけてあげながら動きましょう。トドラー、キッズクラスは聴こえてきた音楽を想像して思った通り動けるよう見守ってあげましょう。そしてお子様が自ら見つけたファンタジーの世界で、自由に表現する喜びと感動を一緒に実感してください。

ページトップへ戻る

リトミックの概要

手拍子パンパン♪お尻フリフリ♪ウキウキ&ワクワク♪リトミックの概要
ピアノのビートがタンタンタン・・・自然に体が動き出す ストップ!・・・あっ、止まった!
みんなでフリーズおもしろい!
こんどはどんな音?もっともっと遊ぼうよ!

親子やお友達と相互に関わりながら作る生後5ヶ月からの音楽体験クラスです。

  1. はじめての音楽体験を一つ一つ丁寧に積み上げます。
  2. 音とシンプルに向き合うことを最も大切にしています。
  3. 自ら考え、判断し、理解を構築する力を育てます。
  4. 手遊び歌、リズム遊び、楽器遊び、ダンス、絵本、お絵描き、鍵盤学習等を通して、音楽に反応できる心と体を作り、表現力、想像力を高めていきます。
  5. 歌ったり踊ったりする楽しさを体験し、英語の歌に慣れ親しみます。

ページトップへ戻る

カリキュラム

本物の音楽に触れる、感じる、表現する、創る ・・・その中に秘めているたくさんの深くて、大切なもの・・・
それらが、生きる力を自分で見つけ出し、行動できる心と体の土台を築いていきます。
ピアノのビートで遊びながら、シンプルに音と向き合う活動からスタートします。
ファンタジー溢れる絵本の世界でステキなピアノ演奏に合わせていろんなものに変身していきます。
童謡やクラシック音楽ばかりではなく、ロック、ジャズ、レゲエ、ラテン、ワルツ等、世界中の音楽を楽しみます。

カリキュラムは、子どもたちの一つ一つの成長過程を研究し、試行錯誤を重ねた結果、生まれました。
親子のスキンシップを大切に考えられたプログラムは、お母様にも大変好評で、
「ここにしかない心地よさ」に定評があり、ママたちの輪が自然に広がっていきます。

年間プログラムは充実の40回。
季節や行事をテーマに歌、ダンス、楽器演奏などを通して、音楽について学習し、理解していきます。

ページトップへ戻る

オリジナルの絵本と音楽

毎回読み聞かせる絵本は、カリキュラム開発者でもあり、絵本作家のオリジナル作品。オリジナルの絵本と音楽
音楽教育を目的として作られた赤ちゃんにも親しみやすい絵とストーリーが人気です!

どんなことだってできる、なんにだってなれる、音楽ファンタジーの世界が広がるリトミック。
絵本のストーリーから抜け出た音と出会って、体が自然に動きだし・・・
ピアノの音に導かれ、みんなのファンタジーがぐんぐん広がります。

ピアニストが奏でる音楽は、その質にこだわり、楽譜に捉われない即興性に優れた本物の音楽でお子様の心に届けています。
お子様の意外な動き、突然の反応にもピアノの即興演奏で盛り上げ、想像力をぐんぐん育てます。

リトミッククラスはその場に存在することが成長なのです。私たちはその一瞬一瞬を大切に、お子様の自由な創造力・表現力を見守りながら、一緒に音楽の世界をつくっていきます。

ページトップへ戻る

リトミックの特徴

イマジネーションとクリエイティブを最も重視したリトミック

オリジナルの絵本にこだわり、約10年間それを実践してきてみえてきたことは、子どもたちに繊細な感性と想像力が育まれたという結果です。
導入や流れがなく、唐突に「熊さん歩きをしましょう」と言って、いつも決まった熊の曲を繰り返し提示するだけでは、熊はこの音でこう歩くという訓練にしか過ぎません。残念なことに、このようなクラスでは想像力と創造力は育まれません。

毎回異なる絵本のストーリーの中に登場してくる動物たちは、そこに存在し生きています。そのファンタジーの世界に子どもが入り込み、熊と一緒に遊ぶという活動は、ただの熊さん歩きの模倣ではなく、どんな熊か、今何をしているか、を考え行動する活動が伴うので、毎回異なるクリエイティブな熊を表現する体験ができるのです。もちろん、提示する熊の音楽も絵本によって異なる演奏が生まれます。
このクラスには、想像すること(イマジネーション)と創造すること(クリエイティブ)があり、子どもたちの心と身体に育まれていきます。

こうして育った子ども達は、提示された音楽を捉え表現できるバリエーションがとても豊富で我々講師も本当に毎回驚かされます。
また音の細部もとてもよく聴き取れるようになるので、それが表現に生かされ一つ一つがとても繊細で個性豊かな表現力が身につきます。
「私はこの音楽でこうやって動きたい」「ぼくはこうだよ」というように、やってみたい→出来た!→楽しい!→今度はこうしたい!という、自分で考えて行動できる学びのサイクルが生まれるのです。

このように子どもたちと講師とお母様とで一緒に創り上げる当リトミックのクラスは、非常にクリエイティブで、音楽性の基盤づくりと心身の土台づくりに最も最適な環境であると言えます。
子ども達に考えさせ、想像させるリトミックは当リトミックの最大の特徴なのです。

ページトップへ戻る

受講されたお母様の声

受講されたお母様の声リトミックに通い始めた頃、何回通っても後半はずっとぐずりっぱなしで、正直娘には向かないのかなと思っていました。でも、ほんわかした雰囲気とクラスで使われる音楽が何とも言えず好きで、気がつけば続けていました。 ある時、娘が妙に先生の話を一生懸命聞いていたことがあって、その後みるみる音楽に合わせて先生の動きをまねるようになっていきました。 最近では、自分の頭やつま先を指して私にHeadとかToeと言わせたり、Pony♪の歌に合わせてペンギンのぬいぐるみを膝の上でピョンピョンさせたりするまでになりました。 娘の変化は見ていてとっても楽しかったし、この経験はこれから何かしら役に立つのではないかという気がしています。』 (1歳女児 お母様より)


「音楽に合わせてみるみる反応するようになり、どんどん変化が見られた」
「クラスでの経験が単に音楽という枠を越え、子どもの成長に大きく役立った」
「貴重な幼児期に体験したリトミックは親子にとっての宝物です」
「強制的にやらされるのではなく、子供の状態に合わせて参加できたのが良かったです」
「挨拶や自分の名前を答えるなどができるようになり、お友達とのコミュニケーションもとれるようになりました」
「リズムに合わせて身体を動かせるようになり、1年間で目に見えて成長する姿が見れてうれしかったです」
「楽器や絵本に興味を持ち、話をよく聞くようになり、感情表現も豊かになりました」

ページトップへ戻る

お母様へ

リトミックは心と身体の土台作りにもっとも最適で、今しかできない情操教育です。

子どもたちは、みんな立派なアーティストです。
我々は、どんなに小さな赤ちゃんであっても一瞬の動きや笑顔、集中する姿勢を見逃さず、音楽を楽しみ、表現する立派な音楽家として接し、共に成長していきたいと考えています。

0歳から3歳という最も右脳を活発に使う時期だからこそ、音楽教育は必要で、個性と感性を自然に育んでいけるのです。
はじめのうちは、お母様のお手伝いがたくさん必要です。たくさん語りかけ、一緒に歌ったり動いてみてください。
上手に歌う事だけが良いのではなく、お子様にとってママの肉声が一番なのです。
何より大好きなママと一緒に遊ぶこと(共有すること)は最大の喜びであり、必ず学びの第一歩につながります。
そして、あんよが始まり自立が始まってくると、お母様がたくさん語りかけ、お手伝いしてきたことを一人でやりたがり、できるようになります。それが自信となり、著しい成長をみせてくるでしょう。

それから今の時期は、一人ひとりの成長の速さは違って当たり前、表現の仕方も違って当たり前です。
よく、「うちの子だけ、やらない」とか「うちの子だけ、全然違う事ばかりする」と悩まれるお母様がいらっしゃいます。
でも、それで良いのです!むしろそれは大歓迎なのです。
子どもたちは、リトミッククラスの集団の中で自然に学び合っています。
色々な表現の仕方はそのお子様の個性の象徴であり、たくさん誉めてあげることでさらに自信がつきます。
そして、今までやらなかったお子様も刺激され、それぞれが思い思いの表現をするようになり、クラスはどんどんクリエイティブで生き生きと盛り上がっていきます。こうして、クラスみんなで高め合いながら学び、成長していけるのが、当リトミックの特長でもあります。
そのためには出来る出来ないを求るのではなく、お子様の興味や試みや発見を温かく支え、待つ姿勢見守る姿勢を大切に一緒に音楽を楽しみ、喜び、そしてたくさん誉めてあげてください。

何よりママの優しい笑顔が一番!
当リトミック教室でもたくさんスキンシップをとりながら、お子様と今しか創れない幸せな思い出をたくさん作ってください。
我々も皆様がハッピーになれる子育てのお手伝いが出来れば何よりの幸いです。

ページトップへ戻る